紀州釣り・フカセ釣りで黒鯛(チヌ)を釣ろう!

和歌山市内で主に紀州釣り・フカセ釣りで黒鯛に挑む素人釣行記(*´ω`*)

182 フカセ釣り

皆様こんばんは^^

6月7日(日) 05:00~12:00 雑賀崎双子島 ウノクソ

本日は一人での釣行^^

親父の面倒を見る必要がないのですこぶる快適な沖磯釣行(笑)

一人だから寂しいかなっとおもったら最後まで集中力を保って釣りできました^^;

堤防に行く予定が結局は双子島、乗船場に着くと既にすっごい数の車(゚Д゚;)

船の帰りを待っているとonisosuさんも登場^^

この日の一番船はなんと01:00で04:00に到着で乗れる磯はギリギリ・・・。

ん~、今後は最悪の事態も考えて第二候補の場所も必要ですね><

船に乗り込み堤防を見ると場所取りのクーラーの列@@;

onisosuさん『場所とりのクーラーですかね?』

わたし   『そうでしょうね~、こんな早くからようやりますねぇ・・・。』

っと、答えた数秒後に思ったのが そういう自分もすでに船の上・・・・。


さてさて釣りの方ですが、今回のエサは

①前に買い溜めした5倍フカセ 深攻め
②アミノX3倍ダンゴ
③激荒ミンチさなぎ
④オキアミボイル パック
⑤食い渋りイエロー

集魚剤は爆増より普通のやつの方が使いやすいですねぇ、あれだけ買い溜めしたのに^^;

『ウノクソさん!お手柔らかにお願いします!!!』

軽く挨拶をし足元にコマセを撒くと大量のオセンの群れ

上層のエサ取りをかわして下層を攻めるが下には何もいない^^;

しかしここ、根がどうでているのか良く分からないのですが

『何故そこで根掛かり?』って感じが多々発生;;

オキアミでは全く歯が立たず、かといってコーンやさなぎは

アタリがでないので飽きてしまう^^;

練りエサもエサ取りで瞬殺・・・。

結局はコマセワークでオキアミが残るところを探して釣るという

のが楽しいですね。

全く魚っ気を感じる事もなく時間だけが過ぎ10:00時

早くも船を呼んで帰っていく姿を見送ったり、隣の磯の釣り人も帰り支度をしている・・・。

『そりゃまぁ、こんだけ釣れなんだら帰るわな・・・・。』

っと独り言をいいながら仕掛けを回収すると 根掛かり  からの  高切れ・・・。

『俺も帰る?帰る?帰る?帰る?』考える事数分、諦めて再度仕掛けをつくる^^;

釣り場を休めるのも兼ねて30分ほど休憩

再開し足元にコマセを撒くとウマヅラが3匹ほど(☆ω☆)

浮きにエサ取りではない反応!

難なく海面近くまで上がって来た魚影を見てウマヅラじゃんか~^^

っと余裕で構えていると急に鋭い突っ込み!

ハリスざらざらになりつつ釣り上げたのが30mちょっとのグレちゃん^^

視力低いから見間違えたってことで(;^ω^)

pict-DSC_0837.jpg

その後もろくな反応もなく12:00前

ラスト一投!集中しつつ流していくも反応なく終了;;

回収しようとすると最後の最後でまたもや根掛かり からの 高切れ・・・。

最後に船長さんにお願いして回収できましたが^^;

また次回に期待ですね^^



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/06/08(月) 22:53:55|
  2. フカセ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2