紀州釣り・フカセ釣りで黒鯛(チヌ)を釣ろう!

和歌山市内で主に紀州釣り・フカセ釣りで黒鯛に挑む素人釣行記(*´ω`*)

250 フカセ釣り 双子島

皆様こんばんは^^

27日に釣行予定を組んでいたのですが、爆風予報なので遺憾ながらの

釣行中止にm(__)m

奥様も、わたしが釣りに行くと思っていたらしくママ友さんと遊ぶ約束を入れて

おりまして、家ではわたし一人でダラダラモード。

12:30余りに暇すぎて、全く行くつもりにはしていなかったのですが、今年の

初打ちに行ってきました^^

打ったのはお決まりの

5スロ凱旋 宵越し250回転 当日大当たり0回 400回転

『ほぅほう、10本あれば確実にアタリが引けますな( ˘ω˘ )』

ホンマにパチンコは金銭感覚どうにかしてます^^;

そして初アタリは安定の天井・・・。

50%の壁を越えてV揃い(;''∀'')

そして何と1セット目から『アメグレ♪』が\(^o^)/

その後もSGGやら5連黄7やらシングルSINまで!!!

『ふふふ、これで極翔買ったろかの(・∀・)』

そして、万枚目前の29セットでV揃い

32セット目 LAST20ゲーム 獲得枚数9750枚 で記念画像を撮ろうと

携帯を手にした瞬間、プルルル・プルルルル

『・・・もしもし。』

娘『ママ無茶苦茶怒ってる・・・。』

『。。。(帰るか・・・いや、次万枚何時できるか・・・。画像だけでも撮って帰るか)』

出来るわけないですわね・・・。

隣の方に台をプレゼントして家まで猛ダッシュ^^;

そんなに怒ってなかったので、続行しておけばよかったかなか(笑)

余りに悔しかったので、ここで発散させてもらいました^^;


さて、釣りです

平成30年1月21日(日) 07:00~12:30 雑賀崎双子島 ウノクソ

前日の夜9時、何を思ったのか奥様

『暇なら明日釣り行ってくれば?』

と言うことで急遽、準備開始

加太堤防にするか双子島にするか、、、磯釣りされる方ならきっと

少なからず同じ考えの方が居られるとおもうのですが、

磯釣り師 独特の服装スタイルにバッカン、磯クール、ロッドケースで

堤防に立つ勇気が^^;

なので出費がかさみますが双子島になってしまいます。


当日の朝、『この極寒の真冬に、双子島に行く物好きもすくなかろう』と

6時に漁港に着くと、満車( ゚Д゚)

お腹に微妙に違和感があり、トイレポイントがある”ナガモチ”に行く予定

してたのですが、乗り合わせた方がまさかのナガモチ指名・・・。

仕方がないので”ウノクソ”を指名し、速攻トイレポイントで脱糞💩

pict-KIMG1248.jpg

清々しい朝焼けですな!

本日のコマセ

pict-KIMG1244.jpg

0号2ヒロから開始 左から右へ速攻ウキが流れていってしまう。

直ぐにBに変更するが全く馴染んでる気がしない・・・。

仕掛けを止めたり色々してみると、ウキに反応

難なく上がってきたのはチャリコさん🐡

針を飲み込んでいたのでお持ち帰り。

う~ん、パッとしません。大人しく潮が緩むのを待つことに。

待って待って待って9時、全く緩みません^^;

でも何ですかね、釣れる気配が全くないのに今日は竿を出してて

苦にならんのです^^

休憩におにぎり🍙を食べながら右のどんよりとしたポイントが目に留まる

pict-KIMG1249.jpg

左手におにぎり、右手に竿を持ってダラダラモードで仕掛けを流していく

ゆぅ~~~くりと右に流れて行き、そろそろ寝掛かりが危ないかなって

所でウキが消し込む、余りに油断しすぎてて久しぶりにベール返すのに

必死になりました^^

アワセを入れると本命の重量感^^

上がって来たのは40チョット

pict-KIMG1251.jpg

何年振りにチヌの顔見ましたかね^^;

潮もやっと緩んできたかと思えば当て潮、手前まで来て右へ・・・。

左・右・遠投と投入ポイント変えても打開策無し、潮も変わらずお昼まで頑張り

ましたが、心折れて納竿としました^^

やっぱり、双子島には双子島の良さがありますね!^^



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

  
スポンサーサイト
  1. 2018/01/28(日) 20:48:03|
  2. フカセ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

249 フカセ釣り 見老津

皆様こんにちは^^

今年の抱負で『ブログ更新を溜め込まない』だったのですが、

いきなりサボってしまってます・・・。

こんな感じですが、今年もよろしくお願いします^^

平成30年1月14日(日) 07:00~13:50  見老津 大曲

本日は、後輩と関係会社の方7名、合計9名での釣行^^

磯はみんなが一緒にのれる磯でと言うことで

浜丸渡船さんで『泣く子も黙る、大曲!』 へ。

他の方のブログで大曲を調べているとほとんどの方が

『あの磯だけは勘弁してほしい』

『釣れる気がしない』

等々、ネガティブな記事ばかりで心配していたのですが、

渡礁して見渡してみる感じそんなに悲観する磯ではない気がしますけどね~。

pict-KIMG1232.jpg

ここ最近の釣果情報を見る限り、厳しい釣行になる事はある程度覚悟しております。

0号 二ヒロ ノーガンから開始

サシエはそのまま返却、その後も異状なく返却・・・。

浅棚は捨てることにしますm(__)m

B号に変えて一ヒロずつ落としていってサシエが取られる場所を探していくと、

竿一本とちょっとのタナでサシエが無くなりだし、えっちらほっちらしていると

綺麗なアタリ。

やり取りの最中に、カタログに載っている平和さんのマスターチューンの

やり取りのポーズを

『こんな感じかの?(笑)』

とヒジを立て喜んで遊んでいると、根に突っ込まれて擦れてハリス切れ^^;

貴重なアタリなのにね^^;

その後、深棚でもエサが残り、一面ボラが沸きまくっている最悪の状況で

再びアタリが( ノД`)

今度こそ捕獲するため、強引にゴリゴリ巻き上げていくとハリス切れ・・・。

間髪入れずにもう一度アタリがあったのですが、再度ハリス切れ・・・。

1.7号なのでそうそう切れるはずないんですが・・・なんですかね・・・。

もう今日はウキ入ること無いかもしれんと諦めている中、4度目の正直で網に入ったのは

pict-KIMG1230.jpg

まぁ、なんでも釣れれば満足できるんですけどね^^

わたしがバラシまくっている横で後輩はグレ2枚ゲットし

pict-1516400028121.jpg

良型のフナ🐡もゲットしお土産が沢山で羨ましい限りです><

全くアタリなく一日終わることも想定していたのでの、これだけアタリがでれば

満足ですかね^^

初釣りでグレの顔は見れませんでしたが完全坊主は免れました^^


では、今年もよろしくお願いします^^

pict-KIMG1235.jpg

(* ´艸`)クスクス


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
  1. 2018/01/25(木) 22:21:11|
  2. フカセ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

248 フカセ釣り 袋


皆様こんばんは^^

久々に燻製を作ってみました。

奥様絶賛の卵

pict-KIMG1173.jpg

今回も前処理なしでクレイジーソルト等を振りかけたのみ

pict-KIMG1175.jpg

pict-KIMG1177.jpg

ご近所さんからは

『旦那さん、箱覗いてたけど何してるの???』

っと、ちょっと不審がられてるみたいです(;´・ω・)


平成29年12月14日 (木)  袋 モブシ  ??:??~14:30

この日は、上司殿と二人での釣行^^

『何処に行きましょか?』

『ウキが入るところならどこでもいい』

となると、見老津は敬遠して、袋の川端渡船にしますかな。

予約をするために渡船屋さんに電話

『二人なんですけど、磯は何処が開いてます?』

『タテクラ、沖のヒラバ、ヒラバ、横島、大床が開いてます』

横島はわたしが一度乗ったことあるので却下、沖のヒラバも上司殿が

過去にサンノジ地獄になったのでイヤ。

取敢えず乗ったことが無い磯ってことで、大床を指名


さて当日、上司殿と合流し串本に無事到着

待合室でコーヒーを飲みつつ、紙の磯マップを見ると

大床 場所選び失敗したかと心配していると

『モブシ空いたけど、移るかい?』

助かりました^^;

完全予約制ならではのムッチャ落ち着いた出船まち

pict-KIMG1185.jpg

ゆったりと船り揺られ無事に渡礁完了

釣座は上司殿が沖向きを譲ってくださいましたm(__)m

仕掛けは永遠0号 

一投目 珍しくウキが綺麗に消し込む

グレではないですねぇ~、上がってきたのは

pict-KIMG1186.jpg

イズスミ君^^

二投目 珍しく二連続ヒット

うん、素直に上がってくるこの感じ早くも本命ゲットです^^

活かしバッカンに入れようとした瞬間、手が滑って逃がしてしまう始末・・・。

『貴重な一匹にならんかったらいいけどな・・・。』

上司殿のこの一言、アタリでしたね・・・。

その後は長い沈黙><

この日はエサ取りも多くいたのですが、前日とある動画で

『サシエを守ろうとして、コマセと大きく離す。確かにそれも戦略ですが

コマセに反応が良いグレに対して・・・以下略』

これに従順すぎました^^;

コマセと話したりタイミングをずらしていくと

本日マックスの39cm

pict-KIMG1192.jpg

やら

pict-KIMG1187.jpg

が、姿を見せだしてくれました^^;

二人で9枚釣り上げて、まずまず満足して漁港に返ってきて仰天

一ノ島で80枚オーバー・・・上司殿が嫌いな沖のヒラバでも30枚。。。

この日は沖磯がアタリだったみたいです・・・。

ご機嫌に帰路に着けるはずが、何とも思い空気の車内になってしまいました( ´∀` )



これで、昨年分の溜まっていた仕事を書き終えたので、次回やっと

新年のご挨拶ができます(;´・ω・)


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村



  1. 2018/01/08(月) 23:29:09|
  2. フカセ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

247 フカセ釣り 見老津

皆様こんばんは^^

先日、一家で周参見のカニとエビの水族館に小旅行へ行って参りました。

pict-KIMG1114.jpg

てっきり入館料無料と思っていたのですが、違いました^^;

6歳の娘は大喜びで、順路を一周しただけでは物足りず、三周擦る羽目に。。。

4か月の息子は泣き始めてしまいギブアップ気味(;´・ω・)

pict-KIMG1112.jpg

pict-KIMG1109.jpg

pict-KIMG1108.jpg

退館して時計を見ると二時間滞在しておりました。



平成29年11月25日(土) 07:00~14:30 見老津 トリイヨコ

釣行予定は無かったのですが、前日に親父から熱烈なラブコールがあり、

急遽、見老津釣行を決定することに。

上司殿とか後輩らで行くときは楽しみで一杯なのですが、親父と二人っきりでの

串本釣行は、楽しみ半分と不安というか心配半分でちょっとハラハラします(;´・ω・)

親父も同じみたいで、双子島とか小引とかなら即答で『行くか!』となるのですが

南紀と言うとちょっと敷居が高くなるみたいです。

やっぱりちょっと、出船待ちしてる時の空気が違いますからね。


渡礁して、まずは釣り座の選択

親父は足場優先で、わたしは潮通しの良さところで開始

仕掛け 親父 永遠5B

     私   0号

投入して10秒ほどで回収するとすでサシエがない

『よしよし、魚の活性はいいの』っと最初はポジティブに考えるのですが

しまいには腹立ってきますよね(笑)

最初に竿を曲げたのは親父

見るからにグレではない感じ、サンノジがイズスミですな。

でも、親父の顔を見ると満面の笑み。

その後もコンスタントにサンノジを釣り上げる親父に対して

『おやじよ、ウキ下ちょっと詰めてみたら?』

すると、一投目

(^ω^)つ『グレ釣りは棚合わせゲームなんです!!!』

まぐれせよ、助言してすぐ結果に表れると気持ちいいいです^^

助言がまぐれで有ることをを証明するかのように、全くアタリを捉えることが出来ないわたくし。。。

仕掛けを0⇒00に変更

決まって潜っていくポイントがあったので、そこを攻めてみる。

ゆぅっくぅ~っりユラユラと沈んでいくウキを見守り、

『やはりウキは浮かせた方が面白いなぁ・・・。』っと思いつつ

ウキが見えなく成るまで回収を我慢し、我慢の限界に達し回収しようとすると

グレが乗ってましたね^^;

やっとこさグレの顔を見たのは11時ぐらいだったかな・・・。

引っこ抜いてハリスを掴み損ねてグレさん磯に バチン! と強打!

『あら・・・グレさんごめんね』っとグレを見た次の瞬間、私の今までの

持論というか思い込みを覆す出来事が!!!!

pict-KIMG1132.jpg

『血?まさか鱗を通り越して、磯でぶつかって怪我・・・』

よくよく見ると

pict-KIMG1133.jpg

絞められてますな・・・。

しかも、一回では締まらなかった様で両方から刺されてます・・・。

持論で『一度釣られた魚は、その日釣られることはない!!!』だったのですが

今日lこの出来事で覆されてしまいました・・・。

その後も同じように流しても反応はなし、グレはこれが最後でした。

仕掛け00⇒0で磯際作戦に変更し、数投目で綺麗なアタリ

pict-KIMG1131.jpg

食べごろサイズなんですが、ヘタレな私は毒が気になるのです^^;

悩んだ末にお帰りいただきました・・・。

最終グレ  親父 2枚

        わたし1枚

でした。

上出来ですかな^^


でわでわ!



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
  1. 2018/01/03(水) 22:53:55|
  2. フカセ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

246 フカセ釣り 見老津

皆様こんばんはわ^^

本日は親父と後輩との三人での釣行^^

前回の見老津釣行で味をしめ、今回も林渡船さん

高切れに備えて、この子を購入

pict-KIMG1089.jpg

よくあるオレンジ色の奴にしようかとおもったのです、

『フローティングタイプで回収率アップ!!!』

と書いてあるので

『ほぉ、回収率アップですが、じゃあこれかの』

と言うながれで、こっちにしました。

よく皆さん言われているように二個回収できれば元がとれますからね!

しかし、有事の際にどの竿でキャストするかですよね。

メインロッドでキャストした瞬間に、穂先で絡まってポキッってのも悲しいし

予備竿を伸ばして準備している最中に流れて行っちゃうのも悲しいし・・・。

まぁ、回収できればラッキーくらいで考えておくのが気楽でいいかもですね^^


平成29年11月3日(金)  06:30~13:00  ガマヨコ

親父を迎えに行き、後輩とは現地で集合^^

後輩とわたしが一番船、親父は二番船で合流

釣座は親父 湾内向き

pict-KIMG1092.jpg

後輩 サラシ前

pict-KIMG1091.jpg

わたし 船着き

pict-KIMG1093.jpg

ポーターさん曰く

『本命のポイントはサラシの奥やからねぇ~』

pict-KIMG1094.jpg

分かりにくいですけど、ちょっと危なそうなので誰もそこで竿を出すとは

言いませんでした^^;

本日の仕掛けはまずは、0号 二ヒロから

コマセを撒いて魚影を確認するが、魚影なし

仕掛けを投入し回収してみてもサシエはそのまま返却・・・。

開始4時間は魚の顔を見ることが出来ず、後輩がチラホラと

小振りのフエフキダイを釣るくらい。

『釣れねぇ~~~~』とぶつくさ文句を言っていると、

ちょっとこのガマヨコってポイントは奥まった湾内にあるのですが

漂ってきたワラのゴミが帯になって入り口をふさいでくれてます^^;

こいつが潮目なのか、潮が動かずよどんでるだけなのかわかりませんが、

池のようになった海に黙々と打ち返す親父の仕掛けにシマアジが答えて

くれました。

後輩もシマアジを一枚しらない間に釣ってます!!!

速攻仕掛けを5B 4ヒロに変更!

まぁ・・・ポツポツですがシマアジ七枚拾うことができました^^;

pict-KIMG1097.jpg

グレより美味しいので良いんですが、やはりグレの顔がみたいですな!

枚数的には7枚釣れれば良くできた方なんでしょうが、そこまでの

プロセスが疲れすぎました・・・。

次回は18日にまた見老津予定ですのでもうちょっと良い

釣行になるようにお願いしたいですm(__)m



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
  1. 2017/11/11(土) 23:41:48|
  2. フカセ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ