紀州釣り・フカセ釣りで黒鯛(チヌ)を釣ろう!

和歌山市内で主に紀州釣り・フカセ釣りで黒鯛に挑む素人釣行記(*´ω`*)

238 紀州釣り 初島漁港


皆様こんばんは^^

本日は、上司殿と後輩との三人での釣行

釣行の一ヵ月前

『紀州釣りしたいけど、どっかいい漁港ないかな~』

『初島漁港どうですか?遠投したら絶対チヌつれますよ!?』

その瞬間、二人から

『絶対つれるんやな!そこにしよら!!!』

ひりついた顔で

『え・・・。いや、今漁港内が船を係留できるようになってしまってて、

釣れるかどうかは・・・。』

『さっき絶対っていってたやろ、初島でええやないか』

それから一ヵ月間、毎日これの繰り返しでいじめられてました((´∀`*))ヶラヶラ


前日の夜、釣り道具の準備

玄関先でふと足元を見ると鳥の糞

何気に上を見上げると(;゚Д゚)

pict-KIMG0772.jpg

『おいおいおい・・・巣を作るのはちょっと・・・。』

以前に燕に巣を作られかけたから潰したって話を耳にした時に

『可哀想に、動物との共存も大事じゃないのかな』

と軽く思ってましたが、我が身に降りかかると・・・人間ってやつは・・・。

なので、先手を打って巣を作られる前に退去して頂こうと思いホウキで

刺激してみる。

ツンツン  ツンツン ツンツン

えっ。。。

微動だにせず・・・。

えぇいままよ!!!

ガンガン!!!ガンガン!!

チンチンバラバラに飛んで行かれました;;

良い人に巡り合あうだよ><と見送らせて頂きました^^;

そんなトラブルもありながら準備も完了し

pict-KIMG0773.jpg

磯同様のフル装備^^


平成29年6月4日(日)  初島漁港 05:30~16:00 

この日のヌカはお店で配合済の物を購入したのですが、

ダンゴ調整のし易さ、金額面でも自分で作った方が確実に良いです。

仕掛けとヌカ混ぜ混ぜを済ませ、第一投

朝から逆光が凄まじくて全くウキが確認できない(;^ω^)

仕掛けを回収するとサシエが残ったまま

その後も逆光と魚影の無さとの闘いですよ・・・。

逆光が収まってちゃんとタナも取れたが09:00・・・。

タナ取れても魚いないから関係ないけどねー。

しかし、本気で全く魚の気配がない。

『おぉ!絶対つれるん違うんかい!しょうもない!!!』

ずっとこの言葉を浴びせ続けてやりました(笑)

他にも数名紀州釣りの方も居られましたが誰一人チヌを釣っておりません

でしたね^^;

ラスト一投渾身の力を込めてダンゴを投げる

『ヒュン』

後輩曰く

『ダンゴ投げるシャクで、風切り音鳴らすの初めて聞きましたよ(笑)』

だって((´∀`*))ヶラヶラ

まぁ、こんなもんだ^^


ではでは^^


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017/06/16(金) 22:42:22|
  2. 紀州釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

236 紀州釣り 由良


皆様こんばんは^^

平成29年4月29日(土) 由良 

本日は親父と二人での釣行^^

この日は、串本方面に行く予定が強風のため欠航

近場ですますかとなり、堤防で紀州釣りか、双子島でフカセ釣りかで

悩んだ末、由良の堤防に決定。

場所はこちら

pict-KIMG0719.jpg

特徴のあるサイロ?がるので場所はすぐ分かると思います。

現地到着は4:30

の~~んびり用意をして、ノンビリすぎて竿出しまでに一時間くらい掛かってました^^;

棚取りの一投

予想外の展開で、割れて出てきたウキにいきなり反応

難なく上がってきたのはタナゴさん^^;

エサ取りでも今日一日、楽しい釣りになりそうだ^^

っと、喜んだのも束の間・・・次のアタリは4時間後のフグ・・・。

その間、ほぼ当たりなくサシエもそのまま返ってくる感じでした。

こんな状況も想定していたので、ライフジャケットからフカセ用具一式を取り出し

残りのアミエビを全てヌカに投入し、フカセ釣りに変更^^

5B 4ヒロで一投目

pict-KIMG0720.jpg

ほほぉ^^

やはりまだフカセ釣りが優勢ですかな!!!

しかし、後が続かず13:30に心折れて納竿としました;;


次回はGW中に久々に双子島にいきたいですな^^




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
  1. 2017/05/02(火) 22:26:47|
  2. 紀州釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

223 紀州釣り

皆様こんばんは^^

先日、ある番組で駄菓子が取り上げられておりまして、

俳優さんのリアクションを見て夫婦二人で、その味に興味深々(笑)

pict-KIMG0441.jpg

その味は、リアクション通りでした^^;



さて、釣りです^^

平成28年11月20日(日) 09:00~15:00 加太漁港

本日はご近所さんと二家族での釣行^^

釣種はみんなはサビキ釣り、わたしは紀州釣りです。

さすがは日曜日です、前回の貸し切りとはいかずほぼ満員御礼状態^^;

えぇ~・・・今回もサビキの仕掛けを作りながら周りをみると余り釣れていない様子・・・。

わたしの釣座はこちら・・・。

pict-KIMG0434.jpg

ダンゴ握るのを真似したり、投げるのを真似したり・・・。

半分釣りになりませんでした^^

サビキ同様にこちらも異状なく、寝浮きもまったく反応しません^^;

⒉時間程経過したころ周りが急に賑やかになり始めるとイワシが入れ食い状態^^

時を同じくして私の寝浮きにも微妙な反応、アワセを入れると弱いけれど

チヌの様なコンコンと言う懐かしい感じ(;'∀')

pict-KIMG0435.jpg

ちっちゃいけど久々に嬉しいです^^

そのあとはアジが遊びにきてくれるだけでした。

サビキはイワシがわんさか釣れ続け

pict-KIMG0439.jpg

わんさかと^^;その中から一匹の生物が

pict-KIMG0440.jpg

アジの寄生虫・・・見るたびに背筋に寒気が走る(*_*;

んで、このアジとイワシさんには干物になっていただきました

pict-KIMG0442.jpg

美味しそうに仕上がりました^^



ちょっとの間堤防に通いましょかね~

累計枚数 48枚 \(^o^)/


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
  1. 2016/11/22(火) 23:00:18|
  2. 紀州釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

216 紀州釣り

皆様こんばんは^^

平成28年9月27日 小浦漁港

本日は親父と二人での釣行^^

この日は、堤防で紀州釣りになったんですが、親父に一度串本に

連れて行ってあげたいと思い、予定を組んだんですが台風やら爆風で

三回ながれてしまってます;;

親父を串本に連れて行くなってことかな?っと、勝手に思い込んだりしています。

3年ぶり?にダンゴを握ることになったんですが、意外に感はにぶらずにいい感じ^^

しかし、この小浦漁港あっちもこっちもどことも浅すぎ・・・。

そして、沖向きでは全く釣れる気がせず、湾内向きは良い感じですね。

親父はチヌを二枚、わたしは。。。。

pict-KIMG0360.jpg

ヘダイ・・・。

次回の、双子島でのフカセ釣りに期待ですね^^


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
  1. 2016/10/12(水) 22:23:11|
  2. 紀州釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

187 紀州釣り

皆様こんばんは^^

8月22日(土) 06:00~14:00 唐尾漁港

本日は後輩の21歳と19歳との三人での釣行^^

一週間前から予定を組みだし

21歳『久しぶりに釣りいきましょうよ!紀州釣りがいいっす!』

わたし『久しぶりにいくか!』

21歳が19歳を誘う

21歳『次の土曜日だけど暇か?』

19歳『暇ですよー』

21歳『釣りいこうぜ!』

19歳『・・・。高校の時の先輩と買い物にいくよていが^^;』

私と21歳『( ゚Д゚)ハァ?』

その後、一週間は永遠と二人から責められ続けきっとあれを

『パワハラ』

というんでしょうね(;^ω^)

結局19歳は最終は午前中だけ釣りして昼から買い物にいくことに^^;


すったもんだで唐尾漁港に到着

pict-DSC_0977.jpg

並べて撮ろうとなったんですが、ハリアーとマークXに挟まれた私のレガシィが

凄く貧相にみえるし・・・・・・・。

釣り座は対岸に見えるところ

pict-DSC_0981.jpg

順番は沖向き側から わたし⇒21歳⇒19歳

二人『一番最初に帰るから、手前が帰りやすくていいじゃん^^』

ここまで来てもパワハラ(笑)

海を見ると台風のウネリで濁りまくり、いつもならチヌが泳いでるの

見えるんですけどね。

本命が釣れなくても外道が相手してくれるだろとみんなワクワク

第一投目!

生命反応ゼロ!!!

開始⒉時間後、沈黙を破ったのは19歳

3時間後、沈黙を破ったのも19歳・・・。

その後の19歳の扱いはだいたいわかるかと(笑)

釣れてない奴らは、最後までサシエ一つで足りたかも・・・。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

  1. 2015/10/03(土) 21:54:24|
  2. 紀州釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ